9月

2

質屋に入れる品物

質屋には、どのような品物が多く持ち込まれるのでしょうか。

特に多いのは、価値の高いブランド品です。

バッグや財布などは種類も多く、価格も高いので、質入れの品物としては好まれる傾向にあります。

質屋としても、これらを積極的に受け入れることが多いようです。

また、ブランド品と言えば、時計です。

時計は高いものでは数十万、数百万円するものまであり、劣化しにくく管理もしやすいということもあって、質入れにおいては人気の商品のようです。

他に価値のあるものとしては、やはり宝石・貴金属類は外せない所です。

極めて小さく、それでいて商品価値の高い宝石類は、質入れされることが多い品物です。

最近ではパソコンなどの流行の電化製品も質草として持ち込まれることが多いようですが、電化製品は型落ちしやすく流行に大きく左右される傾向がありますので、数は多いようですが、質屋ではあまり好まれないこともあります。

利用者側は高く買ってもらいたい、質屋側は管理しやすく価値のあるものを質草にしてもらいたいという思惑がありますので、両者を満たす品物というと、どうしても限られてくるのではないでしょうか。

ですから、闇雲に持ち込むのではなく、相手の事情も察した上で品物を選ぶと、良い査定をしてくれる可能性もアップするかもしれません。

Posted in 質屋に質入れする物 | コメントは受け付けていません。

Comments are closed.